オンライン飲み会&お茶会で自分を素敵に見せるコツ


こんにちは。

みなさん、「オンライン飲み会」や「オンラインお茶会」には、もう参加しましたか?

ちまたでは、お見合いパーティーや同窓会などいろんな会が開催されているようです。


海外でも#onlineparty#partyathome#quarantineparty(隔離パーティ)、#virtualpartyなどさまざまな会が開催されています。


もし「オンラインパーティーに参加したよ」という上級者さんがいらっしゃれば、ぜひご感想をお聞かせください。どんな感じだったか、ちょっと気になっております(!)




ズームやスカイプなどビデオチャットアプリは知ってたけど、あんまり使ったことがなかった、という人も多いはず。


筆者もその一人で、今回の外出自粛を機にその便利さに感動! 仕事の効率もアップしたし、何より移動による時間のロスもストレスもなくなって最高です。


今後さらに普及し続けそうなので、今回は「ビデオチャットで自分を素敵に、綺麗に、美人(!)、おしゃれに見せるちょっとしたコツ」をレンタブルランウェイ的視点からご紹介したいと思います。


・・・とその前に「オンライン飲み会」をさらに楽しむための基本3つをご紹介します!



基本1:自分以外の人がしゃべっているときは静かにする


PCやスマホは、人間の耳で聞くよりも多くの音を拾います。そのため、生活音やまわりの雑音は、本人が感じるよりも相手に大きな音として聞こえていることが多いのです。


だから、できるなら、静かな部屋や空間で。


相槌をするなら、声は出さず、大きくうなずいてあげましょう。



基本2:「スピーカービュー」ではなく「ギャラリービュー」にする


ズームの場合ですが、しゃべっている人の顔が大きく映るのが「スピーカービュー」、参加者全員の顔が同じ大きさで映るのは「ギャラリービュー」です。


「ギャラリービュー」なら他の参加者の反応が一度に見れて、より飲み会やお茶会っぽく。


主催者が最初に「ギャラリービューにするといいよ〜」などと案内するといいですね。



基本3:終了時間を決めておく


通常のイベントでも言えることですが、主催者はおおよその終わる時間を最初に伝えておきましょう。


実際はそれを過ぎてしまってもいいですが、時間を設定しないと、参加者は退出が言いにくくなります。


また、ダラダラと続くのは、内容にもメリハリがなくなって、終わった後に「なんだか無駄な時間を過ごしたかも…」と感じやすい事態に。


終了時間になったら、一旦声をかけて、希望者のみで続ければ問題なし!




基本の3つをおさえたら、いよいよ「ビデオチャットで自分を素敵に見せる方法」です。


1、スマホよりPCにすべし


スマホだと、どうしても片方の手が塞がれてしまい、飲み物を飲んだり、ご飯をつまんだりするのにやや面倒。


両手が空くPCなら、好きなときに飲んだり、スマホで調べ物をしたりなど、スマートに参加できて、見た目にもいいです。


また、ちょっと中座でも、PCなら画面がごちゃごちゃ動かないので、いらぬものを映す心配もなし!


スマホだと、バッテリーも予想以上に消耗してしまう点も要注意です。



2、顔は暗くない?


昼間なら窓の近くへ移動して、顔に自然光が当たるようにすると美人度アップ。


夜だと、最近は部屋の明かりを暗めに設定している方も多いのでは?


そんな人は、これを機にビデオチャット用の照明器具を検討してみて。



3、画面は目線の高さに置いて


リラックスムードで参加したくなり、ソファに腰掛けていませんか?


座る場所がソファだと、PCを置く場所は必然的にローテーブルに。


自分より低い場所にPCを置くと、画面に映るあなたの姿は相手に少々威圧感を与えますし、顔や鼻の穴が大きく見えてあまり美しくないですね。


そんなときは、本を積み重ねるか、Amazonの空いたダンボールなどを使って、目線にPCを持ってきて。



4、背景に生活感は出ていないか?


あなたの後ろに、エアコン、Wi-Fiルーター、テレビなどが映り込んでいませんか?


これらが画面に入り込むと、インテリア的には美しくありません。


インスタグラムや雑誌で見るインテリアの写真を想像してみて!


電化製品と呼ばれるものたちは、せっかくのおしゃれなインテリアも、一瞬にして台無しにしてしまうのです。(もちろん放置された洗濯物は、今すぐ片付けて!)



5、バーチャル背景の向き不向きを考えよう


憧れの家や海外の景色、動物などを背景にして、場を盛り上げるのもいいでしょう。


しかし、楽しむツールとしてはいいものの、自分を綺麗に見せたいなら、ちょっと向きません。


バーチャル背景は、映っている本人よりも目立ちがち。


色もごちゃごちゃしてしまって、せっかくのおしゃれな服を殺してしまうかも。


画像のハリボテ感から、どうしても安っぽく見えてしまうのも難点。



6、顔まわりに華やかさをプラス!


いよいよファッションネタです!笑


画面から相手に見えるのは、あなたの上半身だけ。


とくに視線が集まるのはデコルテから上ですね。


テーブルから上を見られる「会食時のファッションと一緒」と考えていいでしょう。


つまり、意識すべきファッションポイントは2つだけ!


・えりや肩にフリルや装飾のある服を選ぶ

・イヤリングやネックレスなど、大振りのアクセサリーをつける


ビデオチャットだと、距離があるからか多少派手でも相手は気にならないでしょう。


むしろ、華やかになって、場の雰囲気が明るくなるかも。


その日の気分でアクセサリーを変えたり、メンバーや会の趣旨に合わせてみるのもおつですよ。


退屈な自粛モードからのリフレッシュにもいいですね。


レンタル商品のご紹介は次回! お楽しみに。

シークレットセールや商品の入荷情報、お得なクーポンを入手

​ or

© 2018 by Rentable Runway